about us
第二十一世家元 横地画抱
about usよこちがほう。本名・横地光。愛媛県松山市生まれ。 武蔵野美術大学、同大学大学院修了。専攻は油絵。
 大学時代に、武蔵野美術大学油絵科教授であり第十九世家元でもあった横地宗象円(本名 横地康國)のもと、華道相阿彌流に入門。
 大学院修了後、郷里、愛媛県で県立高校教諭を勤めていたが、横地宗象円と横地和光の養子となり、宗象円没後、副家元となる。
 母、横地和光が第二十世家元を務めている間は、『家元は華道をもって生業とするべからず』の不文律を守る準備のため、画業に比重を置いていたが、平成十九年に愛媛県美術館で個展を開いたのを機に、華道に尽力することを申し出、平成二十年に第二十一世家元を継承。

 新宿区改代町にある田中寺(でんちゅうじ)で行われた襲名披露式典では、相阿彌流開祖の家伝書を横地和光より、拝受。
 菩提寺である田中寺には、相阿彌流代々家元之の墓があり、田中寺で襲名披露を行った理由は、第十八世横地宗庭、第十九世横地宗象円に報告し、誓いを立てる思いからである。

横地和光没後、相阿彌流の新体制を築きつつ、500年の幾星霜を乗り越えてきた当流が有する日本の本物の文化と精神を打ち出すために務めている。

■ プロフィール


1959
愛媛県生まれ(旧姓 藤岡)
1983
武蔵野美術大学油絵学科卒業制作優秀賞
1984
光風会展出品(93年まで毎年入選)
愛媛県立北条高校美術科教諭として奉職
1986
同校を退職して上京
1990
JAN展出品(〜1998)
1993
主体展出品(以後毎年出品)、佳作作家賞受賞(98年まで毎年受賞)
2003
美術作品個展(1/22〜2/16:相鉄ギャラリー)
2007
美術作品個展(9/11〜9/17:愛媛県美術館)
2008
華道相阿彌流 第21世家元 襲名
2009
京都文化博物館・江戸東京博物館における「特別展 いけばな 歴史を彩る日本の美」に出展
2010
金沢21世紀美術館における「日本いけばな芸術特別企画in金沢」運営委員

現在  帝国華道院理事、日本いけばな芸術協会理事、いけばな協会評議員、主体美術協会会員

副家元 横地梢光
よこちしょうこう 本名・横地梢 父・横地画抱の元で幼少より華道に親しみ、2010年6月、華道相阿彌流副家元を継承する。
桜美林大学入学後、幼少時からの舞台経験を生かし、ダンスや演劇などの舞台公演や華道デモンストレーション・プログラムに挑戦している。
桜美林大学総合文化学群演劇専修在学中。

Copyright©2011 Souami All rights reserved.