華道 相阿彌流 情報

相阿彌流の作品が出瓶される展覧会のご案内など

Archive for the ‘展覧会報告’ Category

埼玉県いけばな連合会展2月25日まで開催中

without comments

華道相阿彌流の佐々木幸園が出瓶している第52回埼玉県いけばな連合会展が2月23日より開催しています
会 場:さいたま会館 地下第1・2・3展示室  入場無料
アクセス:JR京浜東北線・浦和駅西口から埼玉県庁に向かう県庁通りを直進し、徒歩約5分http://www.saf.or.jp/saitama/access/
主 催:埼玉県いけばな連合会
会 期:2月23日(金)・24日(土)・25日(日) 午前10時~午後5時(最終日は午後3時まで)

佐々木 幸園

Written by admin

2月 23rd, 2018 at 10:54 pm

Posted in 展覧会報告

靖國神社献花席に相阿彌流作品を出瓶中

without comments

相阿彌流作品・靖国神社献花のご報告
2月11日(日)午後より、2月16日(金)午後1時まで、靖国神社に華道相阿彌流(相阿弥流)の作品を20杯、献花しております。
会場:靖國神社 内苑 靖国神社中門鳥居を入り拝殿に向かって左の会場に展示してあります
境内図のサイトをご参照ください http://www.yasukuni.or.jp/precincts/map.html
展示時間:6時~17時(内苑開門時間)
どなたでもご自由にご覧いただけます。

佐々木幸園

ラマ 珠玉

木村 新月

宮田 祥千

宮嶋 華織

白政 翠明

渡部 蘆舟

岩垂 和春

小嶋 慶樹

滝口 香華     今野 蓉光

三輪 翠霞

助川 梅里

斎藤 莉花

猪俣 玲美

倉持 佳花

森下 香奈

清水 彩音

前田 礼菜

渡部 蘆舟

Written by admin

2月 12th, 2018 at 10:25 pm

Posted in 展覧会報告

船橋華道展・本日5時まで相阿彌流作品を出瓶中

without comments

第38回 船橋華道展は、1月25日(木)早朝に生け込みが行われました。
船橋市長、船橋市華道連盟会長他の皆様による式典とテープカットがあり11時に開場となりました。
会 期:1月25日(木)~30日(火)
◆相阿彌流は本日1月27日(土)午後5時までの前期展に、滝口香華、今野蓉光、木村新月が出瓶しております。
会 場:東武百貨店 船橋店(JR総武本線・船橋駅隣接) 6階イベントプラザ
主 催:船橋市華道連盟

滝口 香華

今野 蓉光

 

 

木村 新月

Written by admin

1月 27th, 2018 at 3:25 pm

Posted in 展覧会報告

「新春まんぷく!お年賀展2018」明日まで開催中

without comments

華道相阿彌流家元・横地画抱の作品が展示されている「新春まんぷく!お年賀展2018」は明日28日までとなりました。
画家・横地光としての絵画作品2点も展示販売しています。入場無料でどなたでもご覧いただけます。
詳細はこちらのサイトをご参照くださいhttp://www.f-e-i.jp/exhibition/4011/

会期:1月9日(火)~28日(日) 午前10時~午後7時 ◆28日は午後5時まで
会場:f.e.i(フェイ)アートミュージアム 電話:045-411-5031
横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2
横浜駅西口、ダイヤモンド地下街南12番出口より徒歩3分 鶴屋町3丁目交差点角にあります。
地図や住所はこちらをご参照ください http://ycag.yafjp.org/gallery/108/

ミュージアム正面から

(角度をかえて撮影)

 

「横地 光」としての絵画作品

Written by admin

1月 27th, 2018 at 3:01 pm

Posted in 展覧会報告

横浜「新春まんぷく!お年賀展2018」

without comments

「新春まんぷく!お年賀展2018」に展示されている華道相阿彌流家元・横地画抱の作品です。

毎年恒例となる、大作の迎え花と、新春を彩る数々の絵画作品とともにお楽しみください。
画家・横地光としての絵画作品も展示販売しています。入場無料でどなたでもご覧いただけます。
詳細はこちらのサイトをご参照くださいhttp://www.f-e-i.jp/exhibition/4011/

会期:1月9日(火)~28日(日) 午前10時~午後7時(最終日午後5時) 月曜日休廊
会場:f.e.i(フェイ)アートミュージアム 電話:045-411-5031
横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2
横浜駅西口、ダイヤモンド地下街南12番出口より徒歩3分 鶴屋町3丁目交差点角にあります。
地図や住所はこちらをご参照ください http://ycag.yafjp.org/gallery/108/

 

Written by admin

1月 15th, 2018 at 11:59 am

Posted in 展覧会報告

横浜・港南台駅に相阿彌流作品出瓶中

without comments

1月13日(土)より19日(金)まで、JR根岸線&京浜東北線の港南台駅の花席に華道相阿彌流の藤田霞舟が作品を展示しています。
この駅改札内に常設花席を設置したのは、地域の華道家グループ「港南台同華会」です。
相阿彌流の藤田霞舟もその一員で、毎週第3日曜日に港南台地区センター
( http://www.chikusen.ne.jp/konandai/ )
において開催している「横浜港南台教室」で指導しています。

藤田 霞舟

Written by admin

1月 15th, 2018 at 11:52 am

Posted in 展覧会報告

いけばなインターナショナルフェアいけばな展 ご報告

without comments

12月4日(月)にロイヤルパークホテルで開催された「いけばなインターナショナルフェア2017」に
相阿彌流家元・横地画抱が作品を出瓶しました。
一般社団法人いけばなインターナショナル名誉総裁高円宮妃殿下のご高覧に際し、お褒めの言葉を賜りました。

葉蘭と水仙

(背景を変えて撮影)

Written by admin

12月 6th, 2017 at 11:58 am

Posted in 展覧会報告

いけばな大賞2017一般部門・後期展開催中

without comments

第91回 全日本いけばなコンクール「いけばな大賞2017」一般部門が開催されています。
12月3日に開始し4日に終了した前期展には、相阿彌流(相阿弥流)から小嶋慶樹と野田俊慧が出瓶しました。
開催中の後期展には、岩垂和春、助川梅里、三輪翠霞が出瓶中です。

後 期:12月5日(火)10時30分~午後7時 6日(水)10時30分~午後4時会場:北千住 シアターセンジュ(THEATER1010)ギャラリー 丸井11階 http://kadouin.com/?page_id=14
(つくばエクスプレス、JR常磐線、東武伊勢崎線、東京メトロ/日比谷線・千代田線・半蔵門線)北千住駅
入場無料
主 催:いけばな大賞2017実行委員会  一般社団法人帝国華道院
◆詳細はいけばな大賞のホームページを参照ください。 http://kadouin.com/

野田 俊慧

小嶋 慶樹

 

岩垂 和春

助川 梅里

三輪 翠霞

Written by admin

12月 5th, 2017 at 6:23 pm

Posted in 展覧会報告

「船橋アリーナ」に相阿彌流作品を出瓶中

without comments

船橋市習志野台にある「船橋アリーナ」に11月27日から華道相阿彌流の作品を展示しています。
スポーツ目的で来館される方にも「いけばな」に接してもらう機会が広がるようにという船橋市華道連盟の活動の一環です。
出瓶者:華道相阿彌流・船橋支部(滝口香華、今野蓉光、木村新月)
会 期:11月27日(月)より11月30日(木)まで 午前9時より午後9時まで(30日は午後8時まで)
会 場:「船橋アリーナ」(公益財団法人船橋市文化・スポーツ公社)エントランスホール
http://www.f-bunspo.or.jp/arena/map

Written by admin

11月 28th, 2017 at 5:06 pm

Posted in 展覧会報告

「つなげよう花の心6」いけばなデモンストレーションご報告

without comments

10月21日(土)・22日(日)に増上寺で開催された「復興応援いけばな展・つなげよう花の心6」において
華道相阿彌流家元・横地画抱が「いけばなデモンストレーション」を担当しました。
多様な流派のいけばな作家たちが「東北の花をいける」ことで応援メッセージを送りたいと継続している企画イベントです。

最初に相阿彌流の基本を説明しながら、二重に蔓梅擬き(つるうめもどき)と葉蘭、岩手県の竜胆(リンドウ)を生けました。
その後、箱から福島の旧家に190年前から伝わる食籠(ジキロウ・蓋がつい食物を盛る器)を取り出しました。
長らく使われていなかったという器に花を活けることで、「つなげよう花の心」の想いが作品となりました。
三作目として、デモンストレーション前に生けられていた作品を、大きな花器に移し、岩手県、宮城県、福島県といった東北産の花々を生け、東北の花を使ったライブパフォーマンスを終えました。

横地 画抱  『共生2』

横地 画抱  『共生1』

食籠を取り出し、 箱書き見せていわれを説明する

 

 

 

 

福島の食籠に生ける

大きな花器に移して、東北の花々を生ける

デモンストレーション前の展示作品

Written by admin

11月 14th, 2017 at 7:20 pm

Posted in 展覧会報告